日本人留学生奨学金制度


奨学金審査委員会の様子

本奨学金は、仏教研究に従事する日本人の若手研究者または大学院生が日本国外 の大学や研究機関で仏教研究を行い、学んだ仏教の叡知をひろく世界に伝えて頂 きたいとの願いから仏教学術振興を目的として設立されました。


応募の対象となる方

  1. 日本国籍を有する者(在日外国人、二重国籍、日本永住権を有する者は応募不可)
  2. 応募時に原則として40歳以下であること
  3. 博士号取得者もしくは大学院在籍者で仏教の学術研究に従事する者、あるいは当協会によりそれと同等と認められる学力を有し、仏 教研究に従事する者
  4. 採用後1年間継続的に渡航先での研究を遂行できること
  5. 予め渡航先の所属機関を自ら選定し研究上の基本条件を整えられること(当協会は紹介致しません)
  6. BDK日本人留学生奨学金の受給期間中、他からの奨学金の給付を受けないこと

※上記の条件を全て満たし期日までに必要書類を全て提出した方が審査の対象となります。

第5回(2017年)の申請受付は終了しました


支給内容

採用が決定致しますと以下が支給されます。

・対象人数 原則2名/年
・支給期間 原則1年間
・支給金額 360万円/ 年 (単身での滞在の場合)
420万円/ 年 (法的に認められた付帯家族がある場合)
※学費、生活費等の一部とすることとし、返済義務は負わない
・渡航費 本人・家族分全て実費(エコノミークラス)を別途支給する(但し事前に当協会へ相談のこと)

※既に渡航先に居住している者には往路の旅費は支給しません

奨学金応募の流れ

第4回(2016年)奨学生

日本人留学生奨学金審査委員会は第4回(2016年)奨学生として次の3名を選出致しました。

氏名 中上 淳貴
所属 ハンブルク大学アジア・アフリカ研究所インド学チベット学研究室
研究内容 知覚と経験をめぐる仏教思想とその現代的意味: 11世紀の大学者ロンソム・チューキサンポの著作を中心に
Name Atsuki Nakagami
Affiliation Department of Indian and Tibetan Studies, Asia-Africa Institute, University of Hamburg
Theme of Research Buddhist Thought on Perception and Experience, and its Contemporary Meaning:
A Study of the Works by an Eleventh Century Scholar, Rong zom Chos kyi bzang po
氏名 堀内 俊郎
所属 ハンブルク大学アジア・ アフリカ研究所インド学チベット学研究室
研究内容 『楞伽経』第2章前半部サンスクリット原典の校訂と思想研究
Name Toshio Horiuchi
Affiliation Department of Indian and Tibetan Studies, Asia-Africa Institute, University of Hamburg
Theme of Research Critical edition and philosophical study of the former part of the the Lankāvatārasūtra Chapter 2
氏名 松岡 寛子
所属 ライプツィヒ大学インド学・中央アジア学研究所
研究内容 仏教論書における序文の研究
Name Hiroko Matsuoka
Affiliation Institute for Indology and Central Asian Studies, University of Leipzig
Theme of Research A Study of the Beginnings of the Buddhist Treatises

日本人留学生奨学金制度に関するお問い合わせはこちらまで。

過去の奨学生

第3回(2015年)奨学生

開く
氏名 一色大悟
所属 ブリストル大学宗教神学科
研究内容 説一切有部と南伝上座部における存在論の比較研究―涅槃の実在性を中心として
Name Daigo Isshiki
Affiliation Department of Religion and Theology at the University of Bristol
Theme of Research A Comparative Study of Ontology in the Sarvāstivāda School and the Theravāda School:With Special Reference to the Reality of Nirvāṇa
氏名 石村 克
所属 ニューメキシコ大学哲学科
研究内容 真理論をめぐる仏教学派とバラモン教学派の相克
Name Suguru Ishimura
Affiliation Department of Philosophy, The University of New Mexico
Theme of Research A Conflict between the Buddhist and Brahmanical Schools aboutthe Theory of Truth
閉じる

第2回(2014年)奨学生

開く
氏名 岸 清香
所属 筑波大学大学院 一貫制博士課程人文社会科学研究科 大学院生
研究内容 大乗菩薩とは何者か―大乗経典及び瑜伽行唯識学派の諸論書に対する註釈書群の比較検討―
Name Sayaka KISHI
Affiliation Graduate Student, Doctoral Program in Philosophy,Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba
Theme of Research Who are Mahāyānikabodhisattvas?
―A comparative study of commentaries on Mahāyānasūtras and Yogācāravijñaptivāda treatises―
氏名 渡辺俊和
所属 オーストリア科学アカデミー アジア文化・思想史研究所
研究内容 インド大乗仏教における論理学思想の受容とその系譜
Name Toshikazu WATANABE
Affiliation Institut für Kultur- und Geistesgeschichte Asiens
Theme of Research Acceptance of logical thought in Mahāyāna Buddhism and its development
閉じる

第1回(2013年)奨学生

開く
氏名 井内真帆
所属 日本学術振興会特別研究員PD(神戸市外国語大学)/アメリカ・ハーバード大学南アジア学科ポスドクフェロー
研究内容 11世紀から13世紀のチベット仏教史―特に初期カダム派史について
Name Maho IUCHI
Affiliation JSPS Research Fellow (Kobe City University of Foreign Studies) /Post-Doctoral Associate, Department of South Asian Studies, Harvard University
Theme of Research History of Tibetan Buddhism between 11th and 13th centuries:Early history of Bka' gdams pa school.
氏名 生野昌範
所属 大阪大学文学研究科助教 /ドイツ・ミュンヘン大学インド学・チベット学研究室
研究内容 Vinayavibhaṅga の新出サンスクリット語写本断簡に関する研究
Name Masanori SHONO
Affiliation Assistant Professor, Osaka University, Graduate School of Letters /Ludwig-Maximilians-University, Institut für Indologie und Tibetologie
Theme of Research Study of newly identified Sanskrit fragments of the Vinayavibhaṅga
氏名 松原正樹
所属 アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校仏教学センター(2013年8月迄)/アメリカ・スタンフォード大学仏教学研究所
研究内容 「創られた伝統」としての白隠禅:日本近現代における記憶・アイデンティティー・インヴェンション
Name Masaki MATSUBARA
Affiliation Visiting Scholar, Center for Buddhist Studies, University of California,Berkeley (until August, 2013)Center for Buddhist Studies, Stanford University
Theme of Research Hakuin as an Invented Tradition:Memory, Identity, and Invention in Contemporary Japanese Zen
閉じる

その他奨学金の紹介

当協会の奨学金とは別に、仏教研究に従事する日本人研究者及び大学院生のドイツ留学を支援する奨学金制度もございます。
ドイツ「惠光」研究奨学生/ドイツ大谷奨学生


このページの先頭へ