仏教聖典を経営に活かす会

本会は、商用や視察旅行でホテルに宿泊の際に「仏教聖典」に接した経営者の呼びかけを契機に、事業経営者 や社会人などの有志の方々による、職業職種や、既成の宗派宗門にとらわれない「仏教聖典」の学習グループとして、昭和56(1981)年に結成されました。
現在は、当協会の主催として、経営者の方には人を大切にする経営を、一般の社会人の方々には人生の道標の一助となるように、仏教が持つ東洋の叡智と慈悲の精神に一人でも多くの人が触れていただくことを目的に月1回開催しています。
ご多忙の方、初心の方に併せた一夕一話の「ひらかれた会」となっております。
是非、皆さまのご参加をお待ちしております。

本会専任講師

木村清孝(きむら・きよたか)先生
1940年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。文学博士。東京大学名誉教授。鶴見大学元学長、曹洞宗龍宝寺住職。主な著者に『仏教の思想』『中国仏教思想史』『華厳経をよむ』等がある。
逸見道郎(へんみ・みちお)先生
1953年、横須賀生まれ。日本テレビにて「宗教の時間」ほかドラマの制作にたずさわる。(財)全日本仏教会評議員、(財)国際仏教興隆協会理事、浄土真宗本願寺派浄土寺住職。著書に『按針に会いに―青い目のサムライ』他がある。

このページの先頭へ