84.仏果圜悟禅師碧巌録/佛果圜悟禪師碧巖録(ぶっかえんごぜんじへきがんろく)

重顯(じゅうけん)頌古・克勤(こくごん)評唱
(大正大蔵経 No.2003)
Eng. The Blue Cliff Record
(In BDK English Tripiṭaka 14 “THE BLUE CLIFF RECORD”)

『碧巌録』,『碧巌集』と略してよばれることが多い聖典であるが,1,700ある『伝灯録』の公案(こうあん)の中から,重顕が,最も重要な100の公案を選び出し,それぞれに偈頌をつけたものに,克勤(圜悟)が評釈をつけたものである。
臨済宗においては最も大切にされ,特に,参禅(さんぜん)のための最高指南書(しなんしょ)とされている。
ちなみに公案というのは,すぐれた禅者の言葉や動作などを,坐禅しようとする者たちに精神統一をする手段として示すために,記録したものである。