13.無量義経/無量義經(むりょうぎきょう)

曇摩伽陀耶舍(どんまかだやしゃ)訳
(大正大蔵経 No.276)
Eng. The Infinite Meanings Sutra
(In BDK English Tripiṭaka 44 “TIANTAI LOTUS TEXTS”)

「法華三部経」の一つで,『妙法蓮華経』(12番)の序として書かれたお経であり,その内容も『妙法蓮華経』の内容の要点にもとづいて構成されている。
無量義というのは,人間の煩悩(ぼんのう)が無量であるから説かれるべき教えも無量であり,したがって,その教えの意味もまた無量である,ということをあらわしている。