9.大楽金剛不空真実三麼耶経/大樂金剛不空眞實三麼耶經(だいらくこんごうふくうしんじつさんまやきょう)

不空(ふくう)訳
(大正大蔵経 No.243)
Skt. Adhyardhaśatikā-prajñāpāramitā-sūtra
Eng. The Sutra of the Vow of Fulfilling the Great Perpetual Enjoyment and Benefiting All Sentient Beings Without Exception
(In BDK English Tripiṭaka 48 “ESOTERIC TEXTS”)

一般には『理趣経(りしゅきょう)』または『般若理趣経(はんにゃりしゅきょう)』とよばれているお経で,密教における最も奥深い教えが説かれている聖典として,真言宗においてはきわめて重要視され,常に読誦されているものである。
全体が17章に分かれ,密教の法身(ほっしん)である大日如来が,金剛薩埵(こんごうさった)のために,密教の極意や即身成仏(そくしんじょうぶつ)の究竟(くきょう)を,具体的な日常生活の中においていかに実現してゆくかについて説くという形式をとっている。