5.雑宝蔵経/雜寶藏經(ぞうほうぞうきょう)

吉迦夜(きっかや),曇曜(どんよう)共訳
(大正大蔵経 No. 203)
Eng. The Storehouse of Sundry Valuables
(In BDK English Tripiṭaka 6 “THE STOREHOUSE OF SUNDRY VALUABLES”)

釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)とその弟子たちの時代にはじまり,西暦2世紀のカニシカ王に終る頃までの,さまざまな物語が,全部で121話含まれている経典である。
多くの物語の中では,第9巻の中に出てくる,ミリンダ王が,ナーガセーナ比丘によって仏教に帰依するようになった物語や,第7巻に出てくる,カニシカ王が,アシュヴァゴーシャ菩薩と親しく交際していた物語,といったものが有名である。
この他にも,歴史的事実と思われる物語が多く出てくるが,カニシカ王が出てくることからも,この経典が編纂(へんさん)されたのが,西暦2世紀以後であることが明らかである。